「マレーシアと日本の架け橋へ」
マレーシアで起業して20年の西尾様の過去・現在・未来に迫りました。

海外に行く事が一般的でなかった20年前に「ちょっとだけ人と違ったおもしろい経験がしてみたい」という思いで来馬した行動力が凄まじいです。

社長プロフィール

西尾亜希子
A to Z Language Centre社長兼校長。1975年生まれ。岐阜県多治見市出身。島根大学法文学部文学科卒業後、インターカルト日本語教員養成所にて日本語教師の資格を取得。求人一覧にあった国の中で「国名が唯一カタカナだったこと」で興味を持ったマレーシアに渡る。非常勤講師として3年半キャリアを積んだ後、2004年に A to Z Language Centreを設立。

人生のミッション・目標を教えてください。

語学を通じて、マレーシアと日本の架け橋になる!
私は20年前からマレーシアで働き始めて、15年前にA To Z Language Centreという語学学校を設立しました。社会人経験もほとんどなく、右も左も分からない中で会社を経営してこられたのは、本当に多くの人の支えがあったからだと心から思っています。お世話になった分、次の世代に今まで経験した事などを伝えていきたいと考えています。

なぜ海外で働こうと思われたのですか?

好奇心です。私は以前から学校の先生になりたいと思っていました。ただ、学校の先生になる前に何かちょっとだけ人と違ったおもしろい経験がしてみたいと思い、短期間海外で日本語教師として働くことを決めました。実際に大学を卒業して半年間はアルバイトをしてお金を貯め、上京して日本語教師養成学校に通い、養成学校卒業後23歳の時にマレーシアに来て日本語教師として働き始めました。

現在やっている事について教えてください。

マレーシアと日本を語学で繋ぐことをモットーに語学学校の経営を行なっています。マレーシア人を対象とした日本語コース、日本人を対象とした英語、マレー語、中国語コースを提供しています。マレーシア人は日本語を趣味で勉強する人が多く、難しくなるとやめてしまう人が多いのが悩みです。モチベーションを上げる施策として、マレーシア人の日本留学支援や日本語弁論大会の実施、交流イベントなども行っています。交流イベントは、お互いに学んだ言語を活かし、各々の文化や考え方を知る良い機会にもなります。ATOZのイベントで出会った生徒同士が数年たってもまだ連絡をとりあっていたり、お互いの国を訪問しあったりしているという報告を聞くととてもうれしくなります。

今まで最も困難だった事を教えてください。

ビザなど国の規則の問題です。マレーシアでは突然、規則が変わります。事前に告知されていればなんとか対応できるのですが、急に会社の資本金の最低水準が上がって資金調達が必要になったり、ビザがおりず教師の手配ができなくなったりするのが本当に大変です。周りの経営者に相談する事でなんとか乗り越える事ができ、ここまで来ましたが、実は現段階でも同じような問題に直面しています。外国人である私達が異国の地でビジネスをやるためには、経済的な貢献と幅広いコネクションが必須であると痛感しています。

今後の目標を教えてください。

もっと事業を伸ばしていく事に挑戦していきます。「日本とマレーシアの架け橋になりたい」という想いだけでなんとかなるほど現実は甘くないことをしっかり理解し、マレーシア人にもっと日本の魅力を伝え、日本語学習や日本留学希望者を増やして行きたいと思っています。それと同時に日本人のマレーシア語学留学の受け入れも広め、着実に事業を伸ばしていきたいです。

学生へメッセージをお願いします。

自分に与えられたことをとにかく一生懸命こなすことが大切だと思います。私自身はフットワークの軽さと、ネットワークの広さが強みですが、人にはそれぞれ向き・不向きがあります。自分のやりたい事を見つけ、強みを把握すると良いと思います。苦手な所は、克服するための努力をするだけでなく、チームを作り、得意な人に任せてもいいと思います。

企業紹介

  • 企業名
  • A to Z Language Centre

  • 設立年
  • 2004年

  • 社員数
  • 15名
  • マレーシア

  • 都市
  • クアラルンプール近郊

  • 社員の国籍比率
  • 8割日本人2割マレーシア人

  • 使用言語の割合
  • 7割日本語 3割英語

  • 手当
  • なし

  • インターンシップ期間
  • 一週間から

  • インターンシップ日数、時間
  • 1日9時間

事業内容

日本語教育

求める人物像

明るくて人が好きで教えることが好きな人

会社の連絡先